読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仲良しカップルのゆるゆるアウトドアライフ♡

キャンプ場のこと、ごはんのこと、過ごし方などなど私たちのcamp lifeについて紹介していけたらと思います!

N.A.O.明野高原オートキャンプ場 (施設紹介編)

CAMP

では、キャンプ場内を紹介していきたいと思います!


センターハウ
f:id:fuminature:20170221200849j:plain

入ってすぐに暖炉があります。
f:id:fuminature:20170224212911j:plain

ステキ♪暖かいです!
左に進んでいくと受付と売店がありました。
受付の写真はありませんが、売店がこちら。
f:id:fuminature:20170224212920j:plain

スキー場価格ですがビールも売ってました♪調味料やBBQに使うアイテムなど満遍なく取りそろえてありました!

その奥には『食工房 匠 あけの店』がありました。※冬季は休業中
高山ラーメンや恐竜型のナゲットが売りだとか。


暖炉の反対側には自販機とランドリー、シャワールーム、レストルームがあります。
f:id:fuminature:20170224212933j:plain

コイン式のシャワーが設置されています。
きちんと清掃されていてキレイでした。今回は利用しませんでしたが、次来たときは使いたいです。


f:id:fuminature:20170224212948j:plain
そこを抜けるとバー、カフェがあります。営業していたのかは確認できていません。


サニタリー棟

f:id:fuminature:20170221200801j:plain
f:id:fuminature:20170221200817j:plain

向かって右側に炊事場があります。
水とお湯がでる蛇口がシンクに1つずつ設置されていました。凍結防止のため、終始ちょろちょろ出しを徹底してください。とのこと。


左側にはトイレがあります。入口にドアがあり、中は灯油ストーブが置いてあり暖められていました。寒くて眠れないときはここに避難しようかなと考えてしまうくらい快適。
もちろん水洗、便座も温かいです♪


ダンプステーション

f:id:fuminature:20170224213043j:plain

ゴミ袋は渡されないため、持参しましょう。燃えるゴミ、缶、瓶ごとに分別。
段ボールも捨てさせてもらえます。




雪中キャンプは雪の陥没の注意!

雪中キャンプをする前に、スノーピークのスタッフさんに教えてもらったことの一つとして、

雪が融けて、陥没します!椅子に座ってていきなりスボッとはまる事があるため対策が必要ですよ!と。
なんでも雪の上に置いて生活しますよね?その熱が支えている点に伝わりそこだけ温度があがりズボっといくらしい。
ベニヤの板か段ボールを敷くといいですよ♪

もしくは、ある雪を固めて机と椅子替わりにしちゃいましょう!
え、、、これは絶対無理。


てことで、いつものギアの下に段ボールを敷くことに。
f:id:fuminature:20170302144112j:plain

こんな感じ♪
見た目は悪いですが(笑)ズボっといくことはありませんでした。

コットの下にはブルーシートを敷いて寝ました。



撤収後はこんな感じ。。。
f:id:fuminature:20170224212830j:plain
(ストーブにあたっているフリ♪)
ストーブがあったところの周りは雪が融けていますね~。





宿直のスタッフさんが、一つ一つのサイトをまわりあいさつがてら、ろうそくを配っていました。
使い方は雪を掘ってその中に入れるとキレイですよ♪と。

昼間のうちに彼氏君がせっせと穴を掘りキャンドル用かまくらを作っていました♪

夜点灯すると・・・お、おしゃれ♪

私の大好きな灯す系の光♪
雪がキラキラしてきれい!

f:id:fuminature:20170302144145j:plain


幻想的。テントの周りと素敵にしてくれました!
f:id:fuminature:20170302144123j:plain




今まで、コテージしかないと思い、ノーマークなキャンプ場でしたが、こんなにも設備が整っていることに驚きました。
冬キャンプをやるにも電源をコテージから引いてくくれたりと良い条件が整っていると思います。

高規格すぎず、設備はしっかりと整えられていて快適なキャンプ場です!
文句なしに星5つ!
夏は涼しく過ごせそうだしまた利用してみたいと思います!