仲良しカップルのゆるゆるアウトドアライフ♡

キャンプ場のこと、ごはんのこと、過ごし方などなど私たちのcamp lifeについて紹介していけたらと思います!

【登山】 葦毛湿原・神石山 豊橋市

葦毛湿原 ←なんて読むのかわかりますか!?


正解は「いもうしつげん」です!
(私のPCでは変換してもでてきませんでした...!)


今回は東海の尾瀬と言われている、葦毛湿原。
その先にある神石山に登ってきました!





葦毛湿原
周辺の湧き水からできた愛知県一の湿地です。常に水が流れているため、植物も多く気軽に来ることができるトレッキングに最適な場所です。


神石山
標高:324.7m。愛知県豊橋市と静岡県湖西市の県境に位置し、豊橋自然歩道と湖西連峰ハイキングコース上にあり、山頂からは湖西方面の眺望ができます





f:id:fuminature:20160924221358j:plain
神石山は載っていませんが、テレビ中継所から左の方にあるいていくと神石山の山頂に着きます。

f:id:fuminature:20160924222049j:plain
今回は登りも下りも同じルートです!




f:id:fuminature:20160921212919j:plain
am8:50 こんなところにあるのか!?と思うような細い道を進むと広ーい無料駐車場に到着。
(駐車場と湿原の場所、少し離れているためナビでセットするとき間違えないよう注意です!)

混むだろうと早めに来ましたがなんとも空いていました。

ここから10分先に水洗トイレがあります!

f:id:fuminature:20160921212935j:plain
そこにあった不思議な木!
インスタグラムに載せている人が多かったので私もパシャリ。


f:id:fuminature:20160921212947j:plain

そこから先は少し山道っぽいけど、道はほぼ平坦です。湿原に来られる方はごく普通のスニーカーでも大丈夫ですね!


9:10 葦毛湿原入口に到着。
f:id:fuminature:20160921212956j:plain

f:id:fuminature:20160924222716j:plain
高山性植物も咲いているようです~


f:id:fuminature:20160921213351j:plain
f:id:fuminature:20160924220851j:plain
f:id:fuminature:20160921213059j:plain
このお花、一面に咲いていてかわいかった~!
f:id:fuminature:20160921213047j:plain
アザミに蝶々が!
なんとも素敵な光景!




湿原を楽しむご老人ツアーズを横目に
私たちは湿原から神石山に抜ける道があるためそこを進みます。

f:id:fuminature:20160921213118j:plain

湿原の観光客はここまで。的な看板がありました。
300mちょっとって簡単そうな山に聞こえますがなかなかハードでした。
だから軽い気持ちで登るのは避けた方が良いです!
私は必要ないだろうとストックを持ってこなかったことを激しく後悔しました、ハイ...。笑



f:id:fuminature:20160921213130j:plainf:id:fuminature:20160921213140j:plain
栗ですね~。山はもうすっかり秋です!



10:00 TV中継所(たぶん...)に到着!

景色は、うーーーん。笑
f:id:fuminature:20160921213224j:plain



f:id:fuminature:20160921213338j:plain
はーーーーあ。しんどい。
けど、ポーズは取ります!!



f:id:fuminature:20160921213239j:plain
追い打ちをかけるような心臓やぶりの急な階段を登ると

10:50  神石山山頂に到着です!
f:id:fuminature:20160921213246j:plain

一等三角点、ありました!
f:id:fuminature:20160921213313j:plain


f:id:fuminature:20160921213304j:plain
↑おいしく見せようと写真加工したのバレバレ・・・www

今回は彼に作らせずちゃんと自分で作りましたよ♪





少し休憩し、1時間ちょっとでトイレのあった休憩スペースまで戻ってきました。

f:id:fuminature:20160924225132j:plain

f:id:fuminature:20160924225149j:plain
↑あえてのポーズらしい。ww 本当、謎なことするわー!






今回、お手軽登山のはずでしたが、急な上り坂が多く思ったよりハードでした。彼も体調が悪かったせいか、今までで一番辛かったと。。。(一番低い山なのに。)

私の中で標高の高い山=体力がいる、ハード だと思っていましたが、どうやら違うようです。。。
低山だからって、山をなめてかかったら怪我するぜ!を改めて感じました。

逆に、3000m級の山でもロープウエイなどである程度上の方まで上がってしまえば今まで登ってきた山と変わらないんじゃないか。今の私の体力でも登れるんじゃないか。と変な自信もついてしまったわけで。。。


憧れの燕岳トライしたいな~~~~~~!!!




今のわたしの素直な気持ち。案外、無謀じゃないんじゃないか。。
みたいな♪




いつも読んでいただきありがとうございます!
よろしければ↓ポチッとしてもらえると助かります♪

人気ブログランキングへ