読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仲良しカップルのゆるゆるアウトドアライフ♡

キャンプ場のこと、ごはんのこと、過ごし方などなど私たちのcamp lifeについて紹介していけたらと思います!

【登山】 猿投山 豊田市・瀬戸市 ②

MOUNTAIN

いやー、急に夏ですね。
梅雨の中休みってこんなに暑かったっけ?!って思うほど!

夏が暑いのは当たり前ですが、今年はこれまで以上に暑くなる可能性があるってご存知ですか!?

ラニーニャ現象』が発生する可能性があり、そのため猛暑が予想されるらしいです。
ラニーニャ現象ってなに!?って気になった方、ググってみてくださいね♪


そんな話はさておき、猿投山の下山編です~

では先に今回歩いたルートの紹介。

f:id:fuminature:20160703211416j:plain


ピンク→登り
 緑 →下り


猿投山登山者駐車場 → トロミル水車 → 御門杉 → 休憩所 → 東の宮 → 山頂 → 陽だまりの休憩所 → 赤猿峠 → ロードバイクコース → 七滝 → トイレ → 林道 → 武田道 → 城ケ峰展望台 → 城ケ峰コース → 駐車場






12:20 そろそろ下山しようと、山頂を通り抜けるコースか、来た道をもどるコースか迷っていると、
「下山する?よかったら一緒にくる?」
と40代ぐらいの夫婦を引き連れた推定65歳のおじさんに声をかけられました。笑
頼もしそうなおじさんについていくことに!


どうやらこのおじさん、猿投山マスターのようで今年に入ってすでに70回登っているというツワモノ。笑

Uさん再来の予感。。。笑(Uさんを知りたい方は乳岩峡の記事をご覧ください♪)
どの山にも必ず山を知り尽くした○○山マスター的な人がいて、初心者を助けているのか?!気になるところです。
そして毎回私たちカップルはそういったおじさんに声をかけられるのか!?笑


山頂を通り抜け、
f:id:fuminature:20160630212913j:plain
すぐ左の道を下ります。


すると広場にでました!
「陽だまりの休憩所」と言う場所で、ここでもお昼を食べている方がたくさんいました!



f:id:fuminature:20160630212926j:plain

一本の木にロープが括りつけられたブランコがありました!
おじさんの強引な誘いに(笑)乗ってみることにしました!

体重制限があり、65kgまでだそう!以前けがをした人がいるのだとか。

f:id:fuminature:20160703213546j:plain

女性陣はおじさんがぐんぐん引き上げてくれるため、ずいぶん高くまで上がります!笑

f:id:fuminature:20160703213549j:plain

きゃ~~~~!!気持ちいい~~~~~~!!!




最初は怖かったですが、3回目は楽しさに変わってました~!!
子供に大変人気だそうですよ~!!


それからあまり整備していない山道を歩き、西尾根ルートに出ました。尾根を歩くの気持ちいいです~

それから赤猿峠に入り、ロードバイクコースを歩きます。
(トイレの行きたさと足がもうへとへとで全く余裕がなく、写真がなくてごめんなさい!)


ロードバイクコースは岩がごつごつしており、こんなところを走るのか!と驚くほど悪路でした。

そして所々で悲しい光景を見ました。
ゴミの不法投棄、直火での焚火のあと、看板の破壊。

自然が好きで遊びに来ているのなら、今ある自然をもっと大切にしてほしいと心から思いました。
それができないのであれば、来るべきではないですね。



13:50 少し林道を歩くと、猿投七滝に到着です!

「千鳥滝」
f:id:fuminature:20160703203849j:plain

「乙女滝」
f:id:fuminature:20160703203902j:plain

「球状花崗岩
f:id:fuminature:20160703203920j:plain



14:10 やっとの思いでトイレに到着!
ボットンでしたが、ペーパーが設置されており、手洗い場もあり、清掃も行き届いているようでした!

七滝の看板
f:id:fuminature:20160703203934j:plain


それからまた林道を歩きます!
私たちは見ることができませんでしたが、目の前を鹿の親子が勢い良く通過したとか!



道で生っていた野イチゴ
f:id:fuminature:20160703203957j:plain


そこから、武田道に入り、城ケ峰展望台、城ケ峰コースを歩き、

16:30 駐車場に帰ってきました。


入山してから7時間。。。全部で15kmほど歩いたかな~!!



へとへとで、足がくがくで、次の日激しい筋肉痛になったのは言うまでもありません!笑






今回も親切なおじさんに出会い、猿投山の魅力を存分に伝えていただきました。
季節ごとに見るポイントがあり、四季折々の美しさがあること。
また、たくさんのコースがあり、何回来ても楽しめるということ。

今回は登ることで精いっぱいだったけど、今度来るときは風景、植物などにも目を向けてみたいな~、そしたらもっと楽しめると思います!


住んでいるところからも比較的行きやすい場所にあり、コースも初心者向けなのでワンシーズンに1回は行きたいかな~!!!
これ、私の目標!!