読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仲良しカップルのゆるゆるアウトドアライフ♡

キャンプ場のこと、ごはんのこと、過ごし方などなど私たちのcamp lifeについて紹介していけたらと思います!

【山歩き】 乳岩峡

2016.5.8(sun)



新城市にある乳岩峡へ山歩きに行ってきました~!!!


乳岩・乳岩峡

f:id:fuminature:20160524204006j:plain

住所:新城市川合

国の名勝天然記念物。
乳岩峡とは標高670mの乳岩山中心とした周辺一帯のことです。


以前、銭湯に置いてあった雑誌にトレッキングスポットとして載っていたここ、乳岩峡。
紙面で見た写真がとれもきれいで、いつか行こうと温めておいた場所。ようやく行くことができました!





朝7時に自宅を出発し2/13に新しく開通した新東名の区間を走ってみようと豊田東ICから乗り新城へ向かいます。

f:id:fuminature:20160524191810j:plain



とは行っても朝早いため岡崎SAには寄らずそのままブーーンと目的地へ!




新しい道路は気持ちが良いですね~!!!


豊田東から新城、約1時間30分の道のりです。こんなにも距離があったのか…。
新城ICで下りると目の前に『もっくる新城』という道の駅がありました~。
覗いてみたかったですが寄り道はしません!ひたすら151号線を上っていきます。

f:id:fuminature:20160526123619j:plain

f:id:fuminature:20160526123632j:plain


f:id:fuminature:20160526123644j:plain

集落の間を抜けると道はだんだん木が生い茂った山の中へ。



すれ違うのがやっとな道を少し進むと駐車場が。
インターから30分ほどで到着です!
20台ほどのスペースしかなく溢れた車はみんな路肩に駐車しています。

f:id:fuminature:20160524213156j:plain



9時半の時点でかなりの車の量でした~


朝早くから来ている方はどうやら明神山に登っている方かロッククライミングをされる方が多いようです。
ここ乳岩は明神山やロッククライミングの名所鬼岩のアクセスポイントになっているんですね~!(知らなかった!笑)



駐車場には水洗トイレがありましたよ~
しかし手洗い場はないためウエットティッシュを持参した方が良いです!
(トイレットペーパーはありましたよ~)



f:id:fuminature:20160526123655j:plain




ちょっと見難いですがコースです。
ある程度まで登ったところで乳岩周辺は一方通行のぐるっと一周するコースのようです。





f:id:fuminature:20160526123713j:plain

登山道入口です。9:50スタート!


f:id:fuminature:20160526125244j:plain

左のぼこぼこした岩の上を歩いていきます。流紋岩質凝灰岩と言うそうです。雨の日は滑るのか左端にロープが張ってありました~

f:id:fuminature:20160526125605j:plain
右に流れる乳岩川、とても水がきれいで癒されます~



5分ほど歩くと登山道に入ります。

f:id:fuminature:20160526125736j:plain


歩きやすい道が続きます
f:id:fuminature:20160526125950j:plain

f:id:fuminature:20160526130017j:plain

大きな岩がごろごろ。面白い景色です。



しばらくすると写真スポット。
10:10『入仙橋』です。

f:id:fuminature:20160526130205j:plain


ここを渡ります。今度は川を右に見て歩きます~

ここではまだまだ余裕です~!!ですが、すたすた行く彼の後ろをゆっくりついて登ります!
彼はもう少しペースを上げたそうな感じでしたが、自分のペースを貫きます!!




そこから数分のところに分岐がありました。

f:id:fuminature:20160526131016j:plain
左が乳岩コース、右が鬼岩コースです。


乳岩へは15分、鬼岩へは60分と書いてありました!



ここから少し行ったところに休憩小屋があるのですが、ここの横を通りかかったときに、一人のおじさんに
「お二人は夫婦ですか?」と話しかけられました。笑

この手の質問には慣れっこなので、「違いまーす。カップルです!」と答えると、
「そうですか!夫婦ならフーフー(夫婦)言って登りなさいよ~」と言おうかと思ったのに!と。笑


え!?なにこのおじさん。 
それからダジャレのオンパレード。70代であろうおじさんダジャレの展開の速さに頭がついていかないアラサー2人。笑

終始圧倒され、流されるままこのおじさん(Uさん)と一緒に登ることに。

どうやら山のガイドを長年やっていた方で東海の山には詳しいんだとか!

初めての登山で若干不安なところもあったのでありがたくご一緒させていただきました~

Uさんに山のノウハウを教えてもらいながら歩きます!



登山の基本①
ペースの遅い人を前にして登る!

早い人が前だと体力のない遅い人が合わせなくちゃいけなくなり、早く疲れてしまいます。



このルールに則り、私が前に!
後ろから「スピード殺されてるーーー。」と声がしますが聞こえない聞こえない♪



途中、ところどころに平たい石が何個もつみあげられているのを目にします。
f:id:fuminature:20160526135310j:plain

どうやら願掛けのようです。





10:30 いよいよ乳岩の難所にさしかかります。

f:id:fuminature:20160526135720j:plain

Uさん。
この階段を登ると見えてきました。

f:id:fuminature:20160526135636j:plain


どどどーーーん!!!
ハイキングくらいに思っていたので予想もしていなかったはしご。
しかもところどころ腐っており段がない場所もあるので気を付けて登りましょうと。


高所恐怖症のため後ろは振り返れません。泣


Uさんのおまじない(笑)の甲斐あり、無事はしごを登り切りました!




10:45 『通天門』に到着です!


f:id:fuminature:20160526140512j:plain

天気も良く最高の景色です!!その名の通り天に通じているかのようでした。
岩の間から見えるのは明神山だそうです。
雑誌などの乳岩峡が紹介されているページではよくここ、通天門の写真が使われていますが、ここは乳岩ではないのでご注意を。

f:id:fuminature:20160526141535j:plain

通天門をあとに。
Uさんのストックを一本借りて歩きます。
ストックがあると楽ですね~

f:id:fuminature:20160526141238j:plain


ここも絶景です!!




11:00 『乳岩』に到着です~!!
f:id:fuminature:20160526141414j:plain

観音様の場所から。。。


凝灰岩中に含まれる石灰分が溶け出して天井部に乳房状の鍾乳石を作っており、乳岩の由来とされているそうです。



観音様に願い事をし山を下っていきます。





先ほどの分岐点まで戻り、次はクライミングスポット鬼岩へ。

へとへとでこのころにはUさんのダジャレに全く対応できていませんでした。笑


12:40 『鬼岩』に到着!!

f:id:fuminature:20160526142857j:plain

f:id:fuminature:20160526143044j:plain


大人から子供まで、たくさんのクライマーさんで溢れていました!
たくさんの荷物や大きなマットを持ってきている人や保育園児くらいの小さなこどもを連れてきている家族など、、
よくここまで登ってこられたな~と感心です。




Uさんにこの先の尾根まで行きますか?と提案していただきましたがふーみん、体力の限界が迫っていたので引き返すことに。




行きに渡った入仙橋に近づいたところでUさんから小さな石を3つ拾ってくださいと。
橋の上から上流側にある大きな岩のくぼみに向かって小石を3つ投げ、くぼみに入れば願いが叶うとか叶わないとか♪
ふーみんも彼もちゃんと入りましたよ~!ホッ



つつじがきれいです!
f:id:fuminature:20160526145154j:plain



14:30 登山道入口に戻ってきたところで記念にパシャリ。

f:id:fuminature:20160526145028j:plain




Uさん、ありがとうございました♪



15:00 遅いお昼ご飯を食べ、乳岩をあとに。

f:id:fuminature:20160526145407j:plain




お疲れさまでした!!

汗を流しにお風呂に向かいます~